特定福祉用具販売

特定福祉用具販売とは、要介護認定(要介護1〜5)を受けている人に対し、特定福祉用具の販売を行う介護サービスです。

介護保険の適用の対象となる福祉用具の種類は、次の5品目になります。

1.腰掛便座
2.特殊尿機
3.入浴補助用具
4.簡易浴槽
5.移動用リフトのつり具の部分

特定介護予防福祉用具販売

特定介護予防福祉用具販売とは、要支援認定(要支援1、2)を受けている人に対し、介護予防福祉用具の販売を行う介護サービスです。

介護保険の適用の対象となる特定福祉用具の種類は、特定福祉用具販売と同様で上記の5品目になります。

特定福祉用具販売の指定申請基準

特定福祉用具販売の指定申請基準を満たすには法人格の取得が必要になります。

法人には次のような種類があります。

・株式会社
・合同会社
・一般社団法人・一般財団法人
・NPO法人
など

既存の法人については定款の事業目的に行う介護事業の文言が入っていることが必要となり、欠けている場合は
登記変更手続きが必要になります。