介護事業開業までの流れ

介護事業の立ち上げには、まず介護事業者として指定を受けることが必要です。
介護事業申請には、法人格を有していることが指定の条件ですから、まずは法人化が先決になります。
法人化の取得については次のページで詳しく説明していきます。法人化の取得


すでに法人格を有している場合、その法人の定款や登記事項証明書の事業目的欄に、行う介護サービス事業の
文言が記載されている必要があります。
もし、記載されていない場合は定款変更の手続きをすることになります。


定款の記載は、訪問介護を行うのであれば、「介護保険法に基づく訪問介護事業」、居宅介護支援を行うのなら
「介護保険法に基づく居宅介護支援事業」というように事業目的が入っていることが必要です。


法人が設立できたら介護事業の申請をします。


介護事業は、申請(正式に受理されてから)から指定を受け、開業できるまで約1カ月かかります。
(都道府県によって異なります)


愛知県の場合、申請書類は月末締めです。


そのため、月初に申請書類が受理されても審査は翌月になりますので、余裕をもって準備するかスケジュールを調整する必要があります。