居宅介護支援事業者

居宅介護支援事業とは、主として要介護者からの相談に応じ、利用者に代わり居宅サービスの計画作成などをし、利用者の窓口的な介護サービスを行う事業です。
対象者は要介護認定(要介護1〜2)を受けている人になります。

居宅介護支援事業者の指定基準

法人格の取得
まずは法人格の取得が必要になります。
法人格には次のような種類があります。
・株式会社
・合同会社
・一般社団法人
・NPO法人
・社会福祉法人

既存の法人で介護事業を始める場合には定款の事業目的に実施する介護事業の文言が入っている必要があります。

その他

人員に関する基準、設備に関する基準を満たす必要があります。