介護タクシー事業とは

介護タクシー事業を開設するには、道路運送法の許可を取得することが必要です。
介護タクシー事業とは、要介護者、要支援者、肢体の不自由な方など、1人では公共交通機関などの利用が困難な方に対し、福祉車両を使用し、送迎などを行うサービスです。
介護タクシー許可は1台から始められますので個人で開業を始めることも可能ですが、介護保険を使用する介護タクシーの事業を始めるには、法人格が必要になります。

介護タクシーの許可要件

介護タクシーとして使用する車両は、自己の所有する車両でなければいけません。
ただしリース車両はOKです。(リース期間が1年以上必要です)
車の種類はヘルパーなどの資格がある場合はセダン型でもかまいません。
ヘルパーなどの資格が無い場合、福祉装備(リフト、スロープなどの特殊装備)

介護タクシーの営業区域

介護タクシーの営業区域は、都道府県単位になります。
愛知県で開業した場合は愛知県内だけで活動できます。